JAPAN VISITORS BUREAU - 株式会社ジェイブ

効果・効率・効能のあるミッション

ミーティングプランナーの活用

一つの会社の中で、社員研修を中小規模のセミナー会場で運営、クライアントを呼んで大型のセッションを行うこともあります。 さらには株主総会や企業における定例会が開催されます。意思疎通の為のミーティングから、意思決定のための大会、表彰式や商品説明会。
その度に、都度手配をしたり看板を作ったり、ひいては機材においてもレンタルが有効か購入かの判断も全体の年間運営を見ながらすることが本来は必要です。

役員会議においてはその機密性や記録、その後の懇親会や接待なども含めてアレンジしなくてはなりません。

さらには不特定多数を招待する展示会などはデータベースの応用や入退場管理の提案なども必要となります。実際にはそのような運営においては日本では部門によって個別に管理したり、予算枠が別になったりするものです。それに加えて業者の選定においても宿泊・輸送は旅行会社、研修は研修会社、機材は機材レンタル会社、食事・宴席はホテルの宴会係、通訳は通訳会社、備品管理は総務にというような多岐にわたり煩雑なものとなります。それは人的資源投下面から見てもかなりの労働力を奪われることになり、費用面から見ても無駄が生じるケースが多くなります。

ミーティングプランナーの効果的な活用

欧米では大企業には必ず総合管理をサポートするミーティングプランナー会社が付いており、会議・研修などをトータルにコーディネートしています。こうすることにより、限られた経営資源である、マンパワーをより生産性の高い業務に配置することが可能となり、効率的な経営の一端を形成しています。

ミーティングプランナーの効果的な活用は、企業の発展をもたらすキーであるともいわれるほど、欧米においては、人気の経営手法のひとつとなっています。

日本の文化、経営形態に合わせたご提案を

弊社は多くの実績と経験を積んだ、日本で有数のミーティングプランナーとして皆様と取引することを誇りに思っており、貴社の中長期計画の礎となるように相互理解の下で業務を行うように致しております。

私共は、欧米の手法をそのまま日本で実践するのではなく、日本の文化、経営形態に合わせた形で、また、個々の会社に最も適するサポート方法をご提案させていただいております。
まずはご一報をお待ちいたしております。

お見積り・詳細に関しては
お問い合わせはこちらから